こんにちは、第一建工の工務部Yです。

気がついたら10月も終わろうとしています。
季節感がないためか、月日の経過が早く感じられます。

日本で新型コロナウイルスの感染が拡大し始めたのは、3月頃だったと記憶していますが、
それからというもの、お花見会、定例会議、安全大会、社員旅行、懇親会...といった、
年間を通しての社内イベントは、ことごとく中止となりました。

また、毎月の月末に全社員が会社に集まって定例会議を行っていましたが、長い間開催できずにいます。
換気や消毒等を入念に行い、集まっての会議再開を少しずつ計画しているところです。

社員が一同に集まることが簡単ではなくなった今、社内コミュニケーションの活性化と情報伝達手段を確立すべく、第一建工では「LINE WORKS」という社内SNSツールを導入いたしました。
(ご使用の方もいらっしゃるかもしれませんが、メッセージアプリ"LINE"のビジネス版です)
実際に正式導入したのは2020年4月なので、ちょうど半年が経とうとしています。
このツールを導入し、業務連絡はもちろん、現場内の連絡事項、施工確認など、社内の部署を超えた情報の横展開ができるようになってきました。

もちろん、従来の携帯電話(通話/メール)でも社員間の連絡、会社からの業務連絡は行えていました。
しかし、"社内コミュニケーションツール"というだけのことはあり、ちょっとした連絡が容易にでき、
メールを使うよりも、手軽にメッセージや写真を送り合うことができるのは、さすが専用ツール、といったところです。
社内の情報伝達にスピード感が生まれてきたように感じます。

今後は、材料の仕入れ業者様、商社様とも連携をとらせていただき、
発注業務、在庫確認、納期確認なども行っていきたいと思っています。
また、協力会社様とも連携を取らせていただくことで、
更なる現場内での情報共有が行えるかもしれません。

新入社員の方にも積極的に使っていただき、会社の雰囲気や・現場の流れに対してもスムーズ馴染んでいただけるような工夫をしていきたいと思っています。